広大地とはなんですか?

相続税申告時における土地の評価は、 財産評価基本通達に則って評価されますが、 この財産評価基本通達のなかで「広大地の評価」の規定があり、 「広大地」に該当する土地については、 広大地補正率が適用されることになっています。 広大地を適用できるか否かにより、土地の評価額は大幅に変わってくるため、 その判断には、十分な調査や分析が必要となります。 多種多様な広大地の画一的な判断は難しく、 専門家である不動産鑑定士の意見が有効です。

コメントは受け付けていません。

相続のご相談はお電話を

メールでのご相談やお問い合わせ

サブコンテンツ

このページの先頭へ