ハリーポッターロケ地めぐり|カンテイなっちゃんのお散歩【ロンドン編2】 | 堺市大阪・なつみ不動産鑑定。相続・贈与・遺産分割での不動産評価なら

ハリーポッターロケ地めぐり|カンテイなっちゃんのお散歩【ロンドン編2】

皆さん こんにちは!

なつみ不動産鑑定のカンテイなっちゃんです。

今回は前回のロンドン散歩の続きをお送りしようと思います。

 

さっそくですが、皆さん

イギリスと言えば・・・。

何を思い浮かべられるでしょうか?

バッキンガム宮殿、紅茶、フィッシュ&チップス、ビッグベン、2階建バス・・・などなど。

 

なっちゃんは、イギリスと言えば!

そうです!ハリーポッター!!!

ちゃ~んちゃらんちゃんちゃんちゃ~んちゃん♪

 

ハリーポッタースタジオ

 

というわけで、ロンドン郊外にあるハリーポッタースタジオにやってきました。

ロンドン中心部からバスで、約2時間で着きます。

今回のお散歩は、ハリーポッターのロケ地巡りという任務も兼ねているので、このスタジオは最重要お散歩ポイントです。

 

 

スタジオの中はハリーポッターの撮影で使われた衣装や小道具などがみっちり展示されています。

大阪のUSJにあるウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターとは違い、アトラクションなどはないのですが、ハリーポッターが好きな人ならテンションの上がる展示物がいっぱいです!わお~♪

 

まずは、映画によく出てくるホグワーツ魔法学校の食堂です。

ホグワーツ魔法学校の食堂

 

 

これは、ハリーが生活しているグリフィンドール寮のベッドです。

グリフィンドール寮のベッド

 

こちらはホグワーツの校長室です。ダンブルドア校長がいるお部屋ですね。

 

ダンブルドア校長がいるお部屋

 

さて、ここでハリーポッタークイズです。

この7匹の蛇の扉はどの映画のどのシーンで登場したでしょうか~?

 

7匹の蛇の扉

難しいですか?

有名なシーンなので、観たことがある方や、ご存知の方も多いのではないでしょうか??

 

答えは、ハリーポッターシリーズの第2作目「ハリーポッターと秘密の部屋」という映画の中で、ハリーが最後に秘密の部屋に行くときに通る扉です。

ご興味のある方はぜひ一度映画もご覧ください。

 

お次はホグワーツ特急~♪

このホグワーツ特急は中にも入れるようになっています。

 

ホグワーツ特急

 

こちらはホグワーツにある橋の一部です。

この橋がどの映画のどのシーンに出てきて、ホグワーツのどこにあるのかご存知の方は、かなりのハリポタマニアですね。

ぜひご連絡ください。一緒にハリーポッターについて語らいましょう!

ホグワーツにある橋の一部

 

そしてダイアゴン横丁~!!!! わ~いわい(^^♪

ハリーがホグワーツ魔法学校に入学するために、ハグリットと一緒に入学準備のお買い物に来たところです。

このダイアゴン横丁に、ハリーが購入した杖のお店やフクロウなどのペットショップ、本屋さんなどがあります。

 

ダイアゴン横丁

街並みのすべてがとても丁寧に作りこまれていて、感動です!

まるで映画の中に入り込んだような気分です!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後にホグワーツ城の模型です!

 

ホグワーツ城の模型

 

ちなみに先ほどのホグワーツの橋の一部ですが、実際のホグワーツでは下の写真のように設置されています。

おわかりになりますでしょうか?

ホグワーツ城と外部を繋ぐ橋になっています。映画の中でも何度か出てきますよ!

どのシーンで出てくるのか、探してみるのも楽しいですね。

実際のホグワーツ

 

それでは、ハリーポッタースタジオを出て、ロンドン市内中心部へ戻ります。

こちらは地下鉄の通路です。

地下鉄の通路

地下鉄の改札はこんな感じです。

地下鉄に乗るにはオイスターカードという日本でいうICOCAやSuica、PITAPAのようなカードがあり、それに好きな金額をチャージして使えます。クレジットカードではないです。

毎回切符を買って乗るよりも断然便利で、お得です!

余った金額は最後に精算すると戻ってきますので、ロンドン観光にはおススメです!

地下鉄の改札

 

地下鉄内のエスカレーターです。

こういったところは日本と変わりませんね。

地下鉄内のエスカレーター

地下鉄のホームです。

ロンドンでは地下鉄はチューブと呼ばれていますが、電車の出入口など、丸い作りになっています。

 

地下鉄のホーム

 

地下鉄の中です。

乗客がいるので、さすがに写真を撮るのに躊躇しました・・・。

 

地下鉄の中

 

こちらはハリーポッターの映画でもおなじみのキングスクロス駅です。

ハリーはこの駅の9と4/3番線からホグワーツ特急に乗って、魔法学校へ旅立ちます。

キングスクロス駅

キングスクロス駅の中です。

外観とは違い、中はとっても近代的です。

古い建物がうまく利用されています。

 

キングスクロス駅の中

駅のホームの一部です。

駅のホームの一部

 

外に出ると少し雨が降ってきました。

ロンドンっ子は雨が降ってもほとんどの人は傘をさしません。

全く動じない感じがすごいです。

慣れているのでしょうか?

この日はとっても寒かったのですが、なっちゃんも傘をささずにやりすごしました。

 

ロンドンの町並み

 

それでは、今日はこのへんでホテルに戻って、ハリーポッターの世界に思いを馳せながら、ゆっくり眠りたいと思います。

 

明日はどこに行こうかな!

 

おまけ

ホテルの近くのナショナルギャラリーにも行きました!

こちらの美術館も入場料は無料です。

イギリスって太っ腹~

でも大英博物館と同様、ここでも寄付を募っていました。

ナショナルギャラリーにも有名な絵画がいっぱいありました。

下の写真はあの有名なゴッホのひまわりです。

美術館の中は写真も撮り放題なのに驚きました。

 

ゴッホのひまわり

 

次回も海外編、イギリス(ロンドン)の第三弾をお送りしようと思います。

(イギリスひっぱるなあ・・・。)

お楽しみに!

 

ではでは~

カンテイなっちゃんより

コメントは受け付けていません。

相続のご相談はお電話を

メールでのご相談やお問い合わせ

サブコンテンツ

このページの先頭へ