不動産の相続・贈与

相続相続が発生した際にもっとも重要となるのは、遺産分割でもめないことです。
遺産分割でもめてしまうと、一定の期限内に納税することが難しくなり、相続税が減額される税制特例などを使えなくなることがあります。また、相続紛争における精神的なストレスは計り知れません。
そこで、遺産分割がスムーズに行われるために、 準備しておくべきこととは何でしょうか?

資産(不動産や預貯金など)価値の把握

まずは、ご自身が保有する資産(不動産や預貯金など)の価値を把握しておくことが大切です。

年配女性の相続の悩み 特に土地、家屋などの不動産は、一般的には分割することが難しいと考えられています。大切なご親族が亡くなられたとき、長年住んでいたご自宅やご商売をされていた店舗、経営する会社などの不動産を手放さなくてはならないような不慮の事態にならないために、また、予想していなかった紛争に巻き込まれてストレスを抱えないためにも、不動産の価値やその活用方法、節税対策について知っておくことは重要です。

遺言や生前贈与の活用

相続発生前の準備として、遺言や生前贈与を活用する方法があります。
遺言や贈与を行うことによって、ご自身が意図した方へ、大切な資産を確実に引き継ぐことができ、計画的な節税対策も行うことができます。

遺言

遺言は、ご自身の意思を表現するもっとも合理的な方法です。
しかし、 遺言書の内容は、遺留分なども考慮して決めておかないと、 後で紛争となることがあります。また、 決められた書式をとっていないために、無効になってしまう遺言も数多く存在します。

贈与

贈与とは、ご自身のお金や株、不動産などの財産を、子供や孫、親や兄弟にあげることです。

年配男性の贈与の悩み 遺言と異なり、贈与ではもらう人が喜ぶ顔をご自身で見ることができ、もらう人や周囲の方の意見を直接聞いたり、ご自身の想いを述べることができるので、親族間での争いを避けることができます。

優先すべき事柄

相続の際に間違ってはならないのは、優先すべき事柄です。
家族構成や資産の種類などによって、相続の際に発生する問題はそれぞれのご家庭に応じて異なります。誤った相続対策を行っていませんか?きちんとした相続の専門家に相談することによって、ご自身の問題点が浮き彫りになってきます。

①納税対策

まずは納税できることが最も重要になります。どんなに節税対策をしていても、 納税資金が確保できていないと、せっかく保有されている資産を売却しなければならなくなります。このポイントを間違えてしまうと、大切な資産を失うばかりか、残されたご家族がばらばらになってしまいます。

②分割対策

次に重要となるのが分割対策です。誰に、どの資産を残すのか、それらにかかる税額はいくらになるのか、といった整理を行うことにより、相続の際の問題点が見えるようになってきます。特に資産の中に不動産が多く含まれている場合は要注意です。
不動産の分割は非常に難しく、相続の際の紛争の大きな原因の一つです。

③節税対策

納税対策と分割対策を行うことによって、相続に関する今後の課題がしっかりと見えてきますので、それらを踏まえたうえで、きちんとした節税対策を行うことが重要です。
安易に賃貸アパートを建築してしまったばかりに、納税資金が準備できないばかりか、分割も行えず、また、賃料の下落による経営の悪化で大切な資産を失ってしまうケースが多く見受けられます。
誤った節税対策は本当に危険なことなのです。

相続はなつみ不動産へ

相続のご相談はお電話を

メールでのご相談やお問い合わせ

サブコンテンツ

このページの先頭へ